消火設備の設計・施工、保守点検は東京都渋谷区の株式会社富士防災にお任せください。

消火設備の設計・施工

最新の消火設備の設計・施工に取り組み、
より安全で確かな消火システムをご提案いたします。

ビルや建築物の多様化・大型化が進む現代。消火設備・防災システムは、各建築物の特徴や構造、環境などを考慮し設計・計画されるため、対応策も実にさまざまです。
富士防災は、「安全性」「環境」「構造」「品質」「納期」「費用対効果」といった多角的な観点から設計・施工に取り組み、常に消火設備及び防災システムの向上を目指しております。

また当社では、消火設備に関するコンサルティングも行っております。システム導入のご相談から問題点の洗い出し、コストの削減に至るまで、経験や実績はもちろん消防法や建築基準法等についても豊富な知識を持つ当社スタッフがご相談を承ります。

◆スプリンクラー設備

◆スプリンクラー設備 消火設備の中では一般的で消火効力が優れ最も多くの建物に設置されている設備です。
天井面や屋根下部分についているスプリンクラーヘッドにより、火災感知から放水までを自動で行います。人が集まる大規模施設などには必ず設置されており、初期火災における消火を目的としています。大規模空間には放水型スプリンクラーが設置されます。

◆消火栓設備

◆消火栓設備 消火栓設備には「屋内消火栓設備」「屋外消火栓設備」の2種類があります。どちらも人の操作によって火災を消火する設備です。
屋外消火栓設備は建築物の周囲に設置されており、中期以降の火災、1、2階部分の火災の消火を目的としています。また外部より放水することで近隣建築物への延焼防止に有効です。

◆泡消火設備

◆泡消火設備 ヘリポートや駐車場、指定可燃物を取り扱う場所などで設置が義務づけられている消火設備です。
水による消火方法では効果が低く、反対に火災が拡大する可能性のある油火災等の消火を目的としています。放出した泡で冷却しながら油膜等を覆い、窒息効果により消火します。

◆不活性ガス消火設備

◆不活性ガス消火設備 消火剤がガスのため、消火後の汚染・汚損が少なく、早急に復旧が必要な場所に設置される消火設備です。冷却効果と電気絶縁性に優れているため、電気室、美術館、サーバー室などに設置されます。防護区画内に消火剤を放出し、酸素濃度を下げることで消火します。

◆粉末消火設備

消火剤による汚損が少ないため、早急に復旧する必要がある施設に設置される消火設備です。燃焼の連鎖反応を抑制する負触媒効果によって消火します。
設置対象物は不活性ガス消火設備とほぼ同様ですが、粉末消火設備は使用する消火剤が粉末であり、それ自体は消火能力や噴出圧力を持たないため、加圧源が必要です。

▲ページのトップに戻る

  • 工事経歴書のご案内
  • 保全経歴書のご案内
採用情報
くわしくはこちら
消防設備のプロフェッショナル 株式会社富士防災 TEL:03-3374-0411 FAX:03-3374-2112(保全部) FAX:03-3374-2119(工事部) メール(資料請求)